スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 人体実験 : わらしべ長者 >>

お一人様

2007.5.27(日) 天気:夏日

茂畑
父方の親戚の一周忌のため、茂畑(地名)へ父親と伯父さんを送っていった。
国道1号線から脇道に入り、沢側沿いの細い道をくねくねと登っていく。
さらに脇道の農道を入り、急坂のヘアピンカーブをいくつか通り抜けた
山あいの小さな集落のうちの一軒が叔母さんの家。

5月と言うのに日差しが強い。
坂を下りながら、今日はお一人様を決行しようと思う。
一人でお店に入って食事して、一人でジムに通う・・・

事前にチェックしておいたお店はバイパスの唐瀬インターの付近。
少し道に迷ったが、何とかお店に着く。
cafe la cour(カフェ ラ クール)

コンクリート造りの建物の店内は、明るくて適度なセンス(あまり気張っていない)の
感じのいいお店。
チキンのトマトソースかけ

デザートつきランチ(1,200円)を注文。
本日のおすすめ
「チキンのトマトソースかけ」

デザート
デザートは
「クリームチーズケーキとダージリンティ」

持参した本を読もうと思ったが、本棚を覗く。
思わず手に取った本

『色の名前』 近江源太郎:ネイチャープロ編集室(角川書店)

萌黄色・鶯色・浅葱色・・・
色の名前ももちろんだけど、写真も文章も素敵な一冊。
おまけに、冒頭の言葉。

そもそも色とは、物質に光線が当たって屈折(反射?)具合で色として見える。
もともと、物質には色はないのだ。
光線も人の目に見える範囲は決まっている。

目に見えないものはいっぱいある。
目に見えるものだって当てにはならない。
色のない物を色つきでみる。
それが全てと錯覚する。
人間っておかしいよね。

つい、欲しくなってメモってしまいました。
(もらった図書カードがあることをいいことに、最近本の買いすぎだ。
読んでいない本が既に三冊ある。と思いながらも買うんだろうなぁ。)

因みに最近購入した本。

「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」 (光文社新書)
「クライトン」の公演の字幕で、字数制限を経験。
ブログもそうだが、視覚的な言葉の配列と字数制限の中で
お芝居とリンクし、かつ内容を伝える字幕は奥が深い!
と感じた最中に出会った一冊。

「ホーキング 虚時間の宇宙」 (BLUE BACKS)
『みずうみ』(いしいしんじ著)の関連キーワードとしてつい購入してしまった。
(mixiの“みずうみ談議”に載せたのを一部抜粋しました。
よろしかったら続きをどうぞ)
昨日、書店で別の本を探している時、たまたま手にした本をペラペラとめくっていたら、またまた『みずうみ』と関連しそうな単語が出てきて、思わず購入してしまいました。
(きっと訳が分からず全部読みきれないと分かっているんだけど・・・こういうの好きなんですよねー想像力湧いてくるし・・・)

ホーキング博士は、20年ほど前『ホーキング、宇宙を語る』(これも想像力が働きすぎて全部読みきれなかった・・・)が大ベストセラーになり知っている方も多いと思いますが、不治の病(ALS)に罹った天才物理学者です。(未だに生きて活躍してるとは思いませんでしたが)

この本の中にある
「ブラックホールはあらゆる物質やエネルギーや情報を飲み込んでしまう。ブラックホールはやがてホーキング放射により蒸発して消滅する。その際、落ち込んだ情報はどうなるのか?」
「超ひも理論によると、ブラックホールに落ち込んだ情報は事象の地平線に「コピー」されて残る。ブラックホールのエントロピーがその表面積に比例する」

何だかわかったようなわかんないような記述ですが、これって、『みずうみ』第1章のみずうみの水がなくなってしまう最後のくだりに似ていませんか?

ブラックホールってあの世みたいだし、超ひも理論も遺伝子のようだし、遺伝子って情報のコピーだし、エントロピー(この言葉については前回の感想に載せてませんが・・・)の増大だって出てくるし・・・ (エンで始まってピーで終わるって、ビックバンとブラックホール?)
この頭じゃこの辺りが限界です・・・

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: