スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 五月晴れ : 晴耕雨読のはずが・・・ >>

みどりの日

つつじ
2007.5.4(金) 天気:晴

お弁当を持って朝鮮岩へ。
今日は、朝鮮岩でのんびり過ごすため、佐野さんはスケッチブックを、私は本を持って。

登山道入り口
登山道入り口。
柏の葉っぱが鈴なり。
日の光を浴びて、とってもきれい。
もうすぐ こどもの日。
かしわ餅食べたいなぁー
(自分で作れって あっかんべー


入り口看板
満観峰・朝鮮岩入り口のプレート。

ラン
       ラン。
       あちらこちらに咲いている。
       前回のブログにも写真載せたから、
       開花時期はかなり長いようだ。

山道
朝鮮岩に行く途中でいつも休憩する分岐点がある。
農道から竹林に入り、
中電の鉄塔24と25に行く分岐点。

24に行く山道。
ここをひたすら登るのです。

つつじとチョウチョ
つつじとチョウチョ。
昨年のGWには、山吹が盛りだった。
今年はもっと早かったみたいで、
山吹街道はすでに葉っぱだけになっていた。
その山吹街道にあったつつじ。

朝鮮岩朝鮮岩です。
今日は一時間で来れました。
途中の尾根では、かなり風が強かったが、
ここは後ろの木がうまく風をさえぎっている。
あいにく霞がひどくて富士山も伊豆半島も
見えず、下界もなんとなくぼんやりしている。

朝鮮岩看板
朝鮮岩のプレート
朝鮮岩の由来が書いてある。
(うまく説明できないので、
由来が知りたい方は
朝鮮岩まで来てください)

景色
朝鮮岩からの風景。
今日は霞んで富士山も伊豆半島も見れませんでした。
日本平もぼんやりしています。
安倍川河口の風力発電は、元気に回っています。
風が強いため、海は白波が立っていました。


朝鮮岩に着いた時には、一緒に登ってきた若いカップルのみだった。
お弁当を食べていたら、演劇祭の実行委員だった人の奥さんが登ってきた。
私は初めてお会いするが、穏やかできれいな方。
社長も息子にバトンタッチして、福祉関係の役職も降りて、静かに暮らしている模様。

帰り際、朝鮮岩の長老!?と初めておしゃべりしました。
(初めて会ったわけではない。
以前、朝鮮岩の近くに竹でベンチを作っていた方を見かけていた。)
朝鮮岩の枯れた桜の木を倒してベンチを作ったエピソードや
ベンチ用の竹をあちこちぶつけながら担いで登ったエピソードを
楽しそうにしゃべってくれた。
前回会った単身赴任の方や、毎週(毎日?)登っている寺田の人もよく知っている様子。
(長老だもんね)

山を降っていると、先ほどの長老が足取り軽くひょこひょこ降りて
あっという間に降りていった。
(さすが長老)
佐野さんも私も感化されてヒョコヒョコヒョコ。
長老ほどうまくいかないが。
ちょっと怖いが、リズムにのると大変じゃない。

たけのこ2竹林のところまで降りると先ほどの長老が。
「たけのこ持っていくかー!」
竹林を整備していたらしい。
そういえばこの竹林も、結界のある杉林も
以前と比べてきれいになった。
フルパワーの長老。
恐るべし。
頂いたたけのこ。
今夜のおかずはたけのこのフライ。おいしゅうございました。

たけのこ
伸びてしまったたけのこ。
たけのこのうちに整備しないと厄介なことになる。

登山口入り口の畑では、農家の方が木にコモをかけている。さくらんぼの木みたい。
声をかけると、やはりさくらんぼ。佐藤錦。
鳥が食べちゃうんだよねーって。
よくわかります。
ホント鳥っておいしい時期を知っていて収穫しようと思った直前に食べちゃうのよねー。
さくらんぼ、ほんと、鈴なりでした。

今日は、みどりの日。
みどりの日って4月28日(29日?)じゃなかったっけ?
まあどっちでもいいけど・・・
みどりの日に向けて一言。

以前、アースデイとか何とか言っちゃって、コンセプトは悪くないけど、
『地球にやさしく』って言葉、大嫌いだった。
上からモノを言うような・・・ やさしく抱擁してるのは地球でしょうが!
共生って言う言葉もなんか違うと思う。
だって、食べたり食べられたり、勝ったり負けたりするわけで、
一緒に生きるのには無理がある。

どちらかと言うと共時。時を共にしている。
シンクロニシティ。
ここまで言っちゃうとまた語弊があるかな。
でも、私たちは、時を共にしているのだ。

ツバメ
本日のおまけ。
隣の長谷川酒店の軒先のツバメの巣。

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: