スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 白いうさぎと黒いうさぎ : ネコの散歩 >>

朗読レッスン


 さるとびで朗読レッスンを始めました。
(さるとびのHP作成中です。もう少々お待ち下さい)

今日は第1回目。
発声練習を中心に行いました。

咽喉を開く訓練や、声を届ける距離をかえての発声練習、
言葉をなめらかに出す訓練などを行いました。

言葉とは、相手に伝えるためのコミュニケーション手段として
発生したものです。
「どこにいる誰に何を伝えるのか」を意識して声を出すことは
とても重要なことです。

目の前の人に伝える。5メートル先、10メートル先の人に伝えるのは、
おのずと違ってきます。

今回は少人数のため、
一人ずつ声を出して、その人の癖や特徴を修正してくれます。

私は5メートル先に声を出しているつもりが、どうも大きかったようです。
5メートル先の人を声が飛び越えてしまいました。
必要以上に大きい声は、威圧感を感じるようです。
日常のコミュニケーションにも大事なことですよね。


最後に「アメンボ赤いな あいうえお」で始まる北原白秋の50音のうたを使って、
隣に座った方と喧嘩でのコミュニケーションをしました。

先方「アメンボ赤いな あいうお!」
 私 「浮藻に小海老も 泳いでる!」
先方「柿の木栗の木 かきくけこ」!
 私 「きつつき こつこつ 枯れけやき!」

バトルの結果は・・・私が勝っちゃいました。



声を出すことは、声と一緒にいろんなものが出ているようです。
久しぶりの発声練習で顔の筋肉が疲れましたが、
小顔になるチャンスかも☆


朗読レッスン、次回は12月13日です。
一緒に声を出してみませんか?

comments(2) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

tori : 2009/12/05 9:30 AM
なんだか面白そうなレッスンですね。言葉以外にも、距離や気持ちなどいろいろ大事なんですね。
kimichan : 2009/12/06 10:29 PM
toriさんへ ≫

そうなんです。
言葉ってもともと相手に何かを伝える
コミュニケーションツールなんですよね。

相手に届ける声の距離とか気持ちなど、
いろんな事を駆使して伝えてるんだって、
今更ながら気づかされます。

伝えたいって気持ちが一番なんだろうね。

COMMENT FORM